» 引越し先のブログ記事

タンス 配送 安くする方法について

私は実家を出て一人暮らしを始めてからというもの、九州、関東をまたぎ毎年のように引越しをしていました。
「神出鬼没」というのが私の通り名で、色々と事情があっての引越しではありますが、たった一人でふらふら移動していくのが楽しかったのだと思います。

そして東京都内で2度目の引越しを決めた時のこと、何軒かの不動産、仲介業者を回り、名前も聞いたことのなかったような、町外れの小さな仲介業者の店舗に入りました。
担当の中年の男性は非常に親切な方で、とても丁寧でしたがどこか”お父さん”のような雰囲気がありました。私が我儘を言い続けてここでもない、あそこでもないと決めかねているのに負けじと、そのお父さんも困った顔ひとつせずに「絶対に見つけてやる!」と先導して街を駆け回ってくださいました。
アパート2
そうしてついに決まった古いアパートの一部屋。その方も大いに喜んでくださいました。
そして新居近くの不動産屋で契約書に記入していた時のこと、東日本大震災が発生。
出されていた机の上のお茶がガタガタと揺れ、外からは悲鳴が聞こえてきました。事務所内にあった大画面のテレビいっぱいに、津波の様子が映し出されました。

混乱の中契約をどうにか終え、携帯では誰とも連絡がとれないまま、移動手段もなく、長い道のりを走って私は仲介業者の事務所へ駆け込みました。
あの担当の方はパニックになっている私をガシッと受け止めてくださり、この後のバイト先への連絡、移動の仕方などを手伝ってくださいました。

誰もがパニックになっていました。それでも、新居がどうなっているのかも分からず、新しい地でどうしていけばいいのか不安な私に、
「困ったことがあったらすぐにここに来るんだぞ!」と何度もおっしゃってくださいました。

彼がいなかったら、この言葉をもらえなかったら、あの後の、余震に怯えて過ごす、初めて体験する辛い一人暮らしの日々を乗り越えられなかったでしょう。

もうその家も後に引き払い、また何度も家を変え続けていますが、今でも一番心に残っている引越しです。

%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%91

私は今年一人暮らしのために引っ越しをしました。
ほぼ親にまかせっきりでしたが、物件選びの際に気を付けていたことを最初に紹介します。
1.日当たりがいいかどうか
2.周りにスーパーや病院があるかどうか
3.部屋の中はある程度きれいか
4.トイレ、お風呂場はきれいか
5.コンセントの場所はどこか
6.駅から近いかどうか
の6つです。
この6つは多くの人が気を付けている部分だと思います。
私は特に、6について気を付けてよかったと心から感じています。
遠くへ遊びに行って夜に帰ってくるとき、駅から家までの距離が近いと本当に楽です。
「少しくらい歩いても別にいいでしょ?」と思う方もいると思いますが、
少しの遠さが後からかなりのストレスになります。断言できます。
実際に住んでみて、駅から近くてよかったと思うことが何度もありました。
では次に、実際に引っ越してから
もっとここを見ておけば・・・と思った部分について紹介します。
1.建物の綺麗さ
これは、建物が新築でなく廊下が薄暗いため虫がとても多かったので今一番気になっている部分です。
さらに、マンションの1階に飲食店があるため、あの黒いヤツをよく見かけます・・・
新築かどうか、飲食店の裏口やゴミ捨て場の綺麗さをもっと見ておけばよかったととても後悔しています。
2.治安の良さ
実際に住むまでは分からない夜の雰囲気。私が住んだところはスーパーやコンビニなど色々な建物があり充実していますが、
毎日パトカーや救急車、車から爆音で流れている音楽、バイクをふかす音が聞こえてきます。
つまり、治安がとても悪いです。
引っ越すまでは考えもしませんでしたが、夜に色々な音が聞こえると本当にストレスになります。
物件選びの際に、少し手間ではありますが、夜にその周辺を歩いてみる事をオススメします。
以上が、一人暮らしの物件選びで気を付けた方がいいことです。

やっと念願のマイオームをもてるようになったのです。結婚して二十年にして、念願だったマイホームなのです。二階建ての普通の家ですが、私達家族には大事な家なのです。だからずっと綺麗に使っていこうと思っています。

c5eaab45128e2b8f7057f94e5b253386_s
私は専業主婦なので、毎日家にいます。そしてずっと掃除ばかりしているのです。これが私の楽しみでもあるのです。
いつまでも家を綺麗にしていたいからです。ちょっとした髪の毛でも落ちていたらv、すぐにモップをかけています。ゴミ箱にゴミがあったら、すぐに外のゴミ箱に入れています。家の中に溜めておくのが嫌なのです。見たくもないのです。そしてお花だらけにしています。

洗濯機の引越し料金をチェック!
たくさん花瓶を置いて、たくさんのお花があるのです。いつだって目の届く範囲にお花があるのです。以前住んでいたアパートは狭くてお花なんて飾る事ができませんでした。これも夢だったのです。私の夢が少しずつ叶ったのです。
掃除をしているととても疲れます。気が付いたら夕方になっているのです。慌てて買い物へ行くのだってよくある事なのです。それほどまでに掃除ばかりしているのです。
夫も喜んでくれています。いつ帰ってきても、綺麗な家のままなのです。だから娘もとても喜んでいます。

a0001_015905

私は以前会社の寮に住んでいてその寮から新しく建てた寮に引っ越すときに会社の先輩に引っ越しを手伝ってもらいました。
会社の寮に住んで1年ほどたったころに会社が新しく寮を建てたのでそちらに移動することになりました。今まで住んでいた寮から新しい寮へは500mくらいしか離れていなかったので引っ越しは自分一人でなんとかなるだろうと思っていました。その当時は車も持っていませんでしたから荷物は手で運ぶように考えていました。幸い寮にある荷物はそんなに多くなく何回か往復すればすぐ終わるだろうと考えていました。
そして引っ越し当日荷物をまとめていたら会社の先輩が来ました。引っ越しを手伝ってくれると言ってくれました。どうやら会社の上司が先輩に私の引っ越しの手伝いをするようにお願いしていたようでした。いきなりの先輩の手伝いに驚きましたが大変ありがたいと思い、荷物を先輩の車で運搬してもらいました。一回の移動だけで引っ越しは終わりました。本来なら何往復かは覚悟していたので大変助かりました。しかも引っ越しが終わった後はジュースまで御馳走になりました。引越しの後も先輩が使っていたテレビ台をもう使わないということでいただくことになりました。本当にこの先輩には頭が上がりません。残念ながらその後先輩は会社を退職してしまいましたが、私も後輩にやさしい先輩でいたいと思います。

ソファーの引越し料金について

2fc4d2980d146c70118b61c21ac565e0_s

今日も早起き成功です。そして、明日は待ち望んできた<プロ野球選手に会える日>です。実は明日は、神宮球場へ足を運ぶのです。自分が今住む家からは、近い距離とは言えません。だからこそ、今後に何年も神宮球場へ通うことを考えてしまうと、私も可能であるならば東京都心へ近づいて住居を構えたいと願う本音もウソではないのです。 今日の日記は流れも、起承転結もない感じです。今書きたいことを次々と書いていきます。今気がついたことは、目覚まし時計の遅れです。かなり困った事態です。もしかしたら、昨日にめざまし時計のライトがついたままだったため、電池消耗がだいぶ進行してしまった恐れもあるわけです。時刻については、信用問題です。この目覚ましも、やっぱりだめか~というほどの落胆です。一方で携帯電話はガラケーをつかっているのですが、同じように信頼を過去に裏切られています。シャープ製の薄くて軽いデザイン性は良い機種だけれど、時計部分に関して不満があります。文章で表現することはちょっと難しい事象なのですが、数字表記が小さいだとか、そんな些細な悩みではなく、先ほどの時刻表示遅れとも言えるほどの症状があるわけです。この携帯電話について、誤解なく正確に御伝えしようと努める事は、今回はやめておきます。ムダに文字数を使うこともわかっているし、頑張って書いても、読んでいる方へ上手く伝えられない可能性が高いと感じているためです。 色々と時間について触れて参りましたが、要するに自分自身が寝坊しても困らない住まいを手に入れておけば良いだけです。二度寝してしまい失敗しても、タクシーで解決できてしまう、オトナっぽい友人だって実際に居る時代です。時間はお金で買えるという話です。神宮球場をメインとして考えるならば、一緒に遊びに行く友人と比較して、彼よりも球場に近い場所へ引っ越しておくということが、遅刻の予防にも直接につながるという話として書いておきたかったのです。

「成功イメージ」その必要性を考えないまま、長い年月を生きてしまいました。今後は、よりいっそう読書の時間を増やしつつ、健やかに生きて行きたいという本音が有ります。もしかしたら、思い込みも大切なのですね!私には出来る!いつか必ず、花開く!それぐらいに図々しく生きていくのです。

3a749022b771d2fca5b80b36a6225fc0_s
私も<同棲>に関して、憧れた事はあるのです。ただし重要なポイントは、誰と過ごすかという、もっともメインとなる問題です。人の性格とか品格って、なかなかそのままって無いものと思っているんです。子供はオトナへ成長します。私自身も、10年前と現在の自分自身を全く同じとは考えたくないです。どの人も常に進化を続けるはずです。だからこそ同じ相手と、同じ屋根の下に住み続けることは簡単だと思えないのです。
せっかく素敵な異性を見つけても、軽い声掛けなんて出来ないです。どうしても慎重に時間をかけて、真実を見極めたくなってしまいます。この人って素敵だな!って思う瞬間は、今までも多かったです。その目の前の相手と、その10年後の同じ人、ついつい先まで考えてしまいます。
私が本来、今のうちにすべきことは他にあるはずです。周囲なんて、なるようにしかならない。自分がコントロールできる範囲は、やはり自分以外に居ないようです。
もしも自分を制御できるならば、なりたいように生きていける!欲望を抑えて&浪費を減らして、住みたい場所に引っ越せるようになれるならば・・。自分以外の人間が私を見る目も変わっていく可能性だって、ゼロではないかなと考えるようになったのです。

実家から2時間ほど掛けて電車通勤をしていました。
勤務して約2年、少しお金に余裕ができてきたので職場の近くで一人暮らしをしようと考え始めました。
もちろんお金の消耗は激しくなりますが、通勤時間の短縮や、市内に住んで遊ぶ点を重要視しました。
私の場合は、物件探しを始める前に、まず住みたいと思う地域を地図上で把握するところからスタートしました。
近くにはスーパーや病院のあるマンションが良かったのです。

a0055_000394
大体の希望が揃ったところで、初めて不動産屋に足を運び、担当者は勤務1年目の新米の方でした。
この時、私は土地勘の無い地域で住むため不安であり、勤務年数の長い方に当たらなくてハズレだと考えてしまいました。
ですが、不動産屋の店舗も変更せず、賃貸物件を探してもらうことになりました。
というのも、私が行った不動産屋は手数料が50%オフだったのです。
ネットで不動産屋を探す前に手数料が安くなる、という情報を入手していたので担当者くらいは大目に見ました。
賃貸物件が決まって住み始めた頃、道路沿いのマンションだったため交通量が多く騒音が酷いことが住んだ後にわかりました。
一概には言えませんが、もし担当者がもっと情報を教えてくれていれば、より良い賃貸物件が見つかったのかと少し残念に思いました。
担当者はやぱり大事なんだと考えさせられました。

単身パックの料金をさらに安くするコツ

先月、無事に引越しが終わりました。
久々の引越しで色々と時代の変化を感じてしまいました。

9e2e4adcffa79c4df161f62e18b1f108_s
前の引越しの時はこちらが不動産屋さんに出向いて条件を言ってそれに見合った物件を営業マンが見せてくれるって
スタイルでそれで決めたのだったけれど、今はスマホで間取りが見れるので沢山検索しました。
それで、いいなあと思った物件が3つあり、内覧させてもらったのは2件。
最初の1件目は団地でした。
写真ではきれいな部分しか映ってなくて、実際見に行ったら天井がNGという感じでした。
でも家賃が安くて、都市ガスで、敷地内に公園やどんぐりの木があってそこはすごく魅力でした。
2件目は今住んでいる部屋なのですが、キッチンの写真で少し見えにくい部分があったのですが、実際見に行ったら思った以上によかったというパターン。
その場で即決してしまいました。
なので3件目は見に行かなかったというわけなのですが、契約は全部現地集合、解散方式で行われました。
営業所に出向く必要もなく、今はこんな風なのか・・・と時代を感じました。
それにしても、間取りを見るのって楽しいものですね。
スマホで十分に楽しめましたね。
今の部屋はすごく気に入っているので長く住むつもりです。

d901a548dd4251842dcc84d819051b19_s

風呂に入る度、昔に自分が引っ越した学生時代のエリアを思い出します。定食屋とかラーメン屋さん、モスバーガーとか、不動産屋。それだけではなく、レンタルショップやショッピングセンターも、次々と思い出せるのは当時のサークル仲間が、常に私の味方で居てくれたからだと言えます。仲間が多かったことで、思い出が3倍・4倍・5倍と増えたはずです。所属があったこと、人生の財産なのです。振り返らなければ実感しづらいことなのです。想い出は必ずしも良いなんて言いませんが、あの時があったからこそ、今があるな〜と浸る時間は、プラスとマイナスの作用がありそうな気がします。確かにハッピーな思い出だけではないのです。人が集まれば、問題も生じます。喧嘩が無かったとは言いません。詳細は今書かないけれど、掘り起こしたくなる未公開エピソードには、それぞれの価値があると思っています。上手く継続できなかった友人も多く居ます。相性だけではなく、各々の背景やタイミングも作用したはずです。ここまで書いてきたのは、学生時代の家から離れた、自分が若かりし頃の話です。自分の親に全てを話してあるわけでもなく、貴重なネタなのです。
私が引越しを決意したのは、学校が実家から遠かったためです。毎日通えない範囲とは言わないけれど、その時には口実だったのです。両親は寂しい気持ちになったのだろうと、今さらだけれど振り返っています。

今すぐに書きたい事が無くても、だいたいは思い込みです。無理にでも書き進めるうちに、思い出せる事があるはずです。
今朝は悪夢で目が覚めました。見たままに書けば、時間は足りません。要約し、書きたい事だけをメモしておきます。宇宙人を食べました。海にいる生物の味でした。宇宙人は2種類以上いましたが、やたらに攻撃してこないし、生きてませんでした。もう一種の宇宙人の特徴は昼ごろまで覚えていたのに、結局記録がないので、頭の中から消え去ってしまいました。舞台は今住む、実家の庭と玄関でした。夜には思い出したくない独特な雰囲気がありました。登場人物は、自分と御隣さんと他に一人いたはずです。
以上のような、理解が出来ないダークな夢を見てしまうと、【引っ越さざるを得なく】なります。今回に限らず、意味がわからない夢を10年に1度ぐらいの感覚で見てしまいます。夢のコントロールが出来ないことは、私にとって苦しみであります。それでも昔よりは、だいぶ楽になってきた様です。逃げるしかない夢や、驚かせされる夢は減りつつな傾向も感じ取れます。先ほどかいた夢なんて、相手を食べてますから、決して私は負けてないのです。

a0055_000394
今一番の私に必要な事は、<賃貸物件のより良い情報>です。賃貸なんて、住んでみないとわかりっこないです。だからこそ思うのは、友人が今まで住んでいた部屋を出て行くタイミングです。【その部屋、私が次に借りたいな!】こんな感じで、早めに予約が出来るような友人を、今後に増やして行きたいのです。いつでも引越しに困らない人生を遅れたら、それはそれで安心です。毎年のボーナスが少ないため、この先の引越し先は延々と、賃貸になる私です。低所得な人生は、ほとんど決まってしまいました。