» 2017 » 5月のブログ記事

1beda32679488e10d9ecb5e92f33e7cd_s

初めての引越しをする際には、ネットで簡単に見積り比較が出来る時代となりました。一社一社見積りを依頼していては、時間がかかってしまいますが、一括見積りサイトを活用する事で、必要情報を一度入力するだけで、数社から数十社へ見積り依頼を送る事が出来ます。実際に見積り依頼をした後は、各社からメールや電話で結果の連絡が来ますが、その価格の違いに驚く事でしょう。各社様々な価格での返答となり、中には数万円見積り額が違う場合もあります。出来るだけ、引越し費用を抑えたい人は、その見積り回答があった業者から上位数社に絞って、後は実際に電話で価格交渉をしてみましょう。電話で価格を交渉すると徐々にその価格が下がる場合があります。可能であれば、各業者の価格をお互いに伝える事で、さらにその価格を下げる事にも繋がります。価格交渉の中で、徐々に脱落する業者が出てきますので、再度に残った業者へ絞って依頼をする事で、当初受け取った見積り額から大きく値段を下げる事が出来ます。引越しは日程や荷物の量によっても価格に大きく影響を及ぼしますので、可能な限り安い日程にしたり、荷物を減らす事でさらに引越し価格を下げる事に繋がるでしょう。

引越し 単身パック ベッドは運べるの?

私の友達は転勤族です。

大学を卒業後に就職。転勤は多い時で年に三回という多忙なスケジュール。

仕事自体は楽しそうにやっています。順調に昇進もしています。

美人でスタイルもよく料理上手、異性にもモテモテ。

ダンボール1

そんな彼女が嫌いなのが掃除と引っ越し。

もう何度も引っ越しを繰り返しているのに要領が悪く仕事のようにテキパキできないらしいんです。

引っ越し業者が来てもまだ梱包が終わっていない事もあったとか。

仕事が終わってからの荷造りなので疲れ果てて段ボールに上半身突っ込んだ状態で寝ていた事もあったそう。

それも何回も。その姿を想像するだけで笑ってしまいます。

そんな彼女が編み出した必殺技は段ボールを開けないという暴挙。

いつ転勤を言われてもいいように、引っ越ししたら段ボールを開けずに必要な物を出すときだけ開梱。

そして、何が入っているのか分からない段ボールは実家へ送る。

必要な物は買う。ひたすら買う。

するとまた物が増える。何だか悪循環のように思えるのですが・・・。

実家から「もう入りきらないよ!」と最終通告もきたそうで。

どうしようと泣きつかれました。捨てたり、売ったりする事を提案しましたが嫌なんだそうです。

私も欲しい服があったので、人にあげるのも嫌なの?と聞くと

自分が気に入って買った物は誰の物にもしたくないんだそうです。

なんだか彼女らしくて納得しましたが

結局段ボールだらけの部屋になってしまいそうで心配でもあります。